5人ぐらいで御題を出しあって日記を書いていくんだ何処までもという感じです。
<< 困った時の〜 | main | 恋の話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
私の真剣にくだらない事してた思い出
こんばんわ。メギー葉山です。

お題日記を書く前に皆さんにお詫びしなければならない事があります。
私がこの「バケツリレー」に上田くんを 無理矢理 誘ったせいか何なのか
「大統領」のお題を無視して上田くんが蒸発してしまいました。
現在、まったく連絡の取りようが無い状態です。
なので止むを得なく上田くんをメンバーから外しました。
あーあ、これで4人ローテーションだよ、しんどいなぁ。


なんてね。


くだらない事を真剣にというテーマは
まさに私の人生そのものなんじゃなかろうか。

私の性格は、所謂「天邪鬼」って奴で
真面目にやるべきことはふざけて、どうでもいい事を一生懸命に!
これがモットーみたいなもんなわけ。スバラシイ!

じゃぁ、一体何に一生懸命だったかを紹介してやろうじゃないか。

<ファミコン「迷宮組曲」の連射>
なんでかあのソフトにはゲームの内容とはまったく無関係な
連射測定機能がついていました。
私は迷宮組曲みたいなゲームがヘタクソだったので
本編そっちのけで連射を一生懸命頑張ってました。
でも、どんなに頑張っても高橋名人にはかないませんでした。

<電車の切符の角っこを何層まで剥がして別けれるか>
これはかなり燃えたね。山手線1周したね。
失敗すると次の角っこへ次の角っこへと手を出し
四隅ボロボロになった切符で何度自動改札機に噛み付かれたことか。
記憶が確かならば自己最高記録は8層。
今考えると物理的に無理っぽいので記憶を捏造したかもしれませんが!

<道路の白い線or文字の上のみを歩いて帰る>
これは誰でも一度は経験あるんじゃないの?
でも大抵すぐに進行不可能になって辞めちゃうと思うけど
私はそんな簡単に諦めません。
地面に張り付いた白っぽいガムならOKという
新しいルールまで作って頑張っちゃうのです。
そして必死にガムを探しすぎて知らない人に
「コンタクトでも落としました?」と聞かれるくらいです。

<タバコの灰を落とさず全部吸いきる>
これもきっと誰もがチャレンジしたことあるんじゃないのくらいに
ポピュラーなものだと思うけど、クリアした人はいないんじゃないの!?
もちろん、私はしましたよ。ええ、一欠けらも落とさずに。
っていうか、これまともにやったら無理なんだよね正直。
半分くらいは余裕なんだけどそれ以上は鼻息でも飛びそうな儚さ。
ところがどっこい、そんなことで諦めるもんか!
と、裏技を開発したわけです。ここで教えちゃうのは勿体無いけど
どうせ数人しか見てないだろうから教えちゃおうかな!?どうしようかな!?
シャーペンの芯を刺す。以上。

<日立のCMに流れ出る日立グループ会社名を全て音読する>
みんなも良く知ってる「この〜木なんの木気になる木〜」のCMです。
これは幾度と無くチャレンジしましたがクリア不可能でした。
読めない漢字がでてくるしカタカナもごちゃ混ぜだし
なにより日立グループ多すぎ!テロップ流れるの早すぎ!
あれじゃ誰も読めないし、読めなきゃ意味ないんじゃないの!?
それともなにかい?グループ会社が多いのを自慢する為のCMなのかい?
自慢に付き合うほど暇じゃないって理由でチャレンジするのを辞めました。

<消しゴムのカスを切らずにどこまで長く出せるか>
これは授業中の定番だったな。
これを極めるには消しゴムの種類が重要で
なるべく堅めで消しクズがまとまるタイプの大きい消しゴムが最適です。
サクラクレパスのFOAM ERASERがオススメ!
自己最高記録はたぶん20cmくらい。っていうかそこで飽きた。
だって、消しゴムが良ければいくらでもできそうな感じがしたし、、、
そうそう!消しゴムネタはもう一個あるんだった!
消しゴムのカスでちっこい輪を作るやつ。これもはまった。
今日は特別に作り方まで教えちゃうよ!
材料は消しゴム。道具はなるべくシンプルな細いボールペン(両側外れるやつ)。
さぁ、みんな!用意はできたかな!?
ではまず、ボールペンを分解してインクの筒とその外側の筒に別けます。
そして、外側の筒に消しゴムのカスを結構多めにポロポロと入れます。
そこに、インクの筒を差し込み優しく出し入れします。
すると!あら不思議!消しゴムのカスがかわいいドーナツに!!
まぁ、なんの用途もない物体が完成するわけですが。

<ドモホルンリンクルのサンプル入手>
今の歳になっちゃえば、こんなの余裕で送ってもらえるだろうけど
中学生の頃の私にはかなりの難関でした。
まず、普通に0120-444-444に電話をかけると
声が幼いせいかいきなり年齢を聞かれ正直に答えると
中学生にはまだ早いと断られたので
お母さんが使うのでと言うと、お母さんに電話させろと電話を切られました。
仕方が無いので次は年齢を36歳と偽って電話したら
昭和何年生まれですか?と聞かれて答えられず電話を切りました。
これで諦めるわけにはいかないので36歳の生まれた年を
昭和でも西暦でも答えられるようにして再び電話をかけたら
今度は干支はなんですかとか聞かれて撃沈。
負けるもんか!と干支まで調べて再度チャレンジしてみたら
「いい加減にイタズラはやめなさい!」と怒られました。あーあ。

<まさに今>
こんなくだらない所で真剣になって日記を書いてしまったなぁ。

次のお題は「恋の話 〜略してコイバナ〜」です!お楽しみに!
| バケツリレー | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 00:22 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック